ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ > ダイヤモンドオンライン

就活に役立つ記事で、時事・経済に強くなろう!

Close-Up Enterprise

Close-Up Enterprise

三陽商会、4期連続赤字垂れ流しの裏にある「本当の課題」

三陽商会は自社ブランド「CAST:」を百貨店に投入するが… Photo by Rumi Souma

三陽商会の4期連続赤字が確定した。黒字予想が一転して赤字決算になった2020年2月期第2四半期だったが、10月30日に発表した第3四半期決算で、さらに通期予想も下方修正。惨憺たる状況で岩田功社長を更迭したものの、問題の本質はそこにはないようだ。(ダイヤモンド編集部 相馬留美)

迷走ではなく「打つ手なし」止血不能の赤字垂れ流し状態

「下期は反転攻勢をかけますから」と、三陽商会の岩田功社長が強調したのは、つい3カ月前のこと。当初1億円の黒字見通しを立てていた上期が、6億円の赤字へと転落した2020年2月期第2四半期決算会見での発言だ。

 その岩田社長が、代表権のない取締役に降格する人事が、10月30日の第3四半期決算と共に発表された。発令は20年1月1日付けだ。

 第3四半期決算の内容に目を向けると、反転攻勢どころか、今期三度目の下方修正。通期の連結最終損益は15億円の赤字という救いようのない数字だ。これまで通期で7億円の黒字見通しを掲げていたが、4期連続で赤字となることが確定した。

筆者名:ダイヤモンド編集部,相馬留美

[2019/11/01 09:00]

続きを読む

※続きを見るにはダイヤモンド・オンラインの会員登録とログインが必要な場合があります。

このページのTOPへ


新規会員登録