ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ > ダイヤモンドオンライン

就活に役立つ記事で、時事・経済に強くなろう!

Close-Up Enterprise

Close-Up Enterprise

二子玉川・武蔵小杉、台風被害で「資産価値暴落」説の真相

多摩川の氾濫で浸水被害の重大さを改めて認識させられた 写真:東阪航空サービス/アフロ

日本列島を2度の台風が襲った。そんな中、東京都の二子玉川や神奈川県の武蔵小杉といった関東屈指の人気エリアでも浸水被害が発生。この災害が今後、不動産市場にもたらす影響について見てみよう。(ダイヤモンド編集部 大根田康介)

セレブの街、住みたい街が台風で浸水被害に遭遇

「数十年に一度」といわれた台風19号は、全国各地に大きな水害をもたらした。

 その中で話題に上った1つが、東京と神奈川を流れる多摩川の氾濫による“セレブの街”二子玉川(東京都世田谷区)と“住みたい街”武蔵小杉(神奈川県川崎市)の浸水被害だ。

 二子玉川では、地元住民との堤防整備をめぐって交渉が長引き、ようやく整備に向けて動き出した矢先に氾濫した。

 また武蔵小杉では、増水した川の水が排水管から逆流して浸水する「内水氾濫」で、タワーマンションの地下にある配電盤が壊れて停電。住民らが管理会社に対し、不満をぶつけるシーンが報じられた。

 今後もこうした水害が毎年起こる可能性がある。そんな中、今回の被害は不動産市場にどんな影を落としたのか。

 ここでは資産価値と管理という2つの観点から、今後の不動産市場に与える影響について見てみよう。

筆者名:ダイヤモンド編集部,大根田康介

[2019/10/31 09:00]

続きを読む

※続きを見るにはダイヤモンド・オンラインの会員登録とログインが必要な場合があります。

このページのTOPへ


新規会員登録