ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ > ダイヤモンドオンライン

就活に役立つ記事で、時事・経済に強くなろう!

inside Enterprise

inside Enterprise

ソニーが新製品を「アクションカメラ」とは頑なに認めない理由

ヘルメットの上にあるのがアクションカメラ。ウェアラブルで激しい動きの撮影ができる Photo:iStock/getty

 米ゴープロが2000年代から市場を開拓し、アウトドアでの動画撮影などで好評なのが、個性派カメラの代表格「アクションカメラ」だ。

 明確な定義はないが、特徴はウェアラブル(ヘルメット、手首、リュックサックなどに)、アウトドアでの使用に耐え得る設計(防塵・防水・耐荷重性)、扱いやすい小型軽量ボディ、手ぶれ補正付きの動画撮影機能など。スノーボーダーが趣味で装着したり、プロモーションビデオの撮影で使われたりと、民生用、業務用ともにさまざまな場面で使われている。

 スマートフォンの登場で、デジタルカメラ市場とビデオカメラ市場が縮小する中、活況のこのアクションカメラ市場へ日系メーカーはこぞって参入した。

 だが先駆者でブランドイメージを確立しているゴープロの壁は厚かった。調査会社BCNによると、ゴープロは18年12月の国内販売台数ベースのメーカー別シェアで78.9%と他を圧倒している。

「お客様からは非常に高い評価をいただいたが、期待していたシェアを獲得できなかった」(ニコン)などとして、JVCケンウッド、パナソニック、ニコン、カシオ計算機は18年までに相次いで撤退した(*カシオ計算機はデジカメ事業すべて撤退)。

 その中にあってゴープロには遠く及ばないまでも、「アクションカム」シリーズを展開して18年12月国内シェア8.9%の2位と健闘するのがソニーだ。

 ただアクションカムは16年を最後に新製品が出ておらず、ソニーはむしろ17年から販売のアクションカメラとは似て非なる「RX0」シリーズに傾注している。

筆者名:ダイヤモンド編集部,土本匡孝

[2019/04/08 09:00]

続きを読む

※続きを見るにはダイヤモンド・オンラインの会員登録とログインが必要な場合があります。

このページのTOPへ


新規会員登録