ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ > ダイヤモンドオンライン

就活に役立つ記事で、時事・経済に強くなろう!

inside Enterprise

inside Enterprise

LIXILでクーデター、解任された前CEOが創業家に反旗の「勝算」

CEO復帰を目指して記者会見するLIXILグループの瀬戸欣哉・前CEO(右)と、川本隆一取締役 Photo by Hiroyu

2代続けてプロ経営者を“追放”したLIXILグループで、クーデターの勃発だ。2018年10月に退任した瀬戸欣哉・前CEOが、6月の株主総会で自らがCEOに復帰する株主提案をすることを表明したのだ。旧INAX創業家もこの動きに賛同。瀬戸氏に代わってトップに返り咲いた創業家の潮田洋一郎会長兼CEOとの委任状争奪戦に発展しそうだ。 (ダイヤモンド編集部副編集長 大矢博之)

「青天の霹靂で、突然でした。潮田(洋一郎)さんから電話がかかってきて『辞めてほしい』と(伝えられた)」

 4日5日、東京都内で急遽開催された記者会見。LIXILグループ前CEO(最高経営責任者)で現取締役の瀬戸欣哉氏が語り出したのは、2018年10月の不可解な退任の舞台裏だった。

 瀬戸氏によれば、潮田氏から電話があったのは昨年10月27日の土曜日、出張先のイタリアで朝食を取っていたときのことだった。「指名委員会で集まった。指名委員会の総意で、辞めてほしい」と潮田氏から伝えられ、「指名委員会が『辞めろ』と言っている。これは抵抗できないな、なんでこんなことになったんだろう」とショックを受けたという。

筆者名:ダイヤモンド編集部,大矢博之

[2019/04/06 09:00]

続きを読む

※続きを見るにはダイヤモンド・オンラインの会員登録とログインが必要な場合があります。

このページのTOPへ


新規会員登録