ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ > ダイヤモンドオンライン

就活に役立つ記事で、時事・経済に強くなろう!

経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層

物価に金利…日銀の「約束」に見る「過ぎたるは及ばざるがごとし」

Photo:PIXTA

物価とマネタリーベースさらに金利で「約束」

 日銀の金融政策の操作変数は、イールドカーブコントロール(長短金利操作)を導入した2016年9月以降、量(マネタリーベース)から金利に移っている。

 したがってマネタリーベースは、現行の金融政策においては副次的な位置づけにとどまる。

 だが一方、日銀は依然、マネタリーベースについて「コミットメント」を掲げている。いわゆる「オーバーシュート型コミットメント」である。

 さらに、2018年7月には新たに金利の「フォワードガイダンス」を導入した。

 2013年1月に導入された「2%物価目標」とあわせると、「約束」が多くなり過ぎ、金融政策の運営の意図がみえにくくなるばかりだ。

筆者名:森田京平

[2019/03/13 09:00]

続きを読む

※続きを見るにはダイヤモンド・オンラインの会員登録とログインが必要な場合があります。

このページのTOPへ


新規会員登録