ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ > ダイヤモンドオンライン

就活に役立つ記事で、時事・経済に強くなろう!

inside Enterprise

inside Enterprise

「無印良品の食品」絶好調、伸び悩み事業が成長株に化けた理由

今秋投入された新商品の冷凍食品 Photo by Rumi Souma

 良品計画の食品事業が絶好調だ。10月に発表した中間決算では、売上高が前年同期比13%増の2桁成長となった。今でこそ成長株となった食品事業だが、かつては前年割れすることもあった。それを立て直したのが、2017年に食品部長に就いた嶋崎朝子執行役員だ。

 嶋崎氏はアロマディフューザー(ミストと一緒にアロマを拡散させる機器)など数々の商品を開発したヒットメーカーで、MUJI USAのトップとして米国事業を軌道に乗せた実績を持つ。

 食品事業は17年以降、安定した伸びを見せ、商品ラインアップも広がっている。今年9月末、「無印良品」で発売された新商品が冷凍食品だ。同ブランドらしく、「化学調味料不使用」「中身が見えるパッケージ」を売りとし、総菜やご飯類など日々の献立となるものを中心に50種類を投入。スタート時にはインターネットと4店舗のみの販売だったが、2ヵ月で9店舗まで拡大している。

筆者名:週刊ダイヤモンド編集部,相馬留美

[2018/12/18 09:00]

続きを読む

※続きを見るにはダイヤモンド・オンラインの会員登録とログインが必要な場合があります。

このページのTOPへ


新規会員登録