ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ > ダイヤモンドオンライン

就活に役立つ記事で、時事・経済に強くなろう!

inside Enterprise

inside Enterprise

キヤノンが治療機器市場へ参入、御手洗会長が本誌取材に正式表明

治療領域への進出を表明したキヤノン Photo by Masataka Tsuchimoto

 キヤノンが2016年の東芝メディカルシステムズ(現キヤノンメディカルシステムズ)買収で強化したヘルスケア事業をさらに躍進させる。

 現在のヘルスケア事業は、磁気共鳴画像装置(MRI)、コンピューター断層撮装置(CT)など診断機器が中心。だが、御手洗冨士夫会長CEO(最高経営責任者)は今月上旬、本誌の取材に、治療領域へ進出する意向を表明した。治療機器や再生医療分野を念頭に置いているもようだ。

 キャノンは20年までにM&A(企業の合併・買収)に最大4000億円を投入する方針だが、御手洗会長CEOはその多くを振り向けることも明らかにした。

「治療機器は今までやらないと言っていたのに」と、社内では驚きが広がっている。

筆者名:週刊ダイヤモンド編集部,土本匡孝

[2018/12/17 09:00]

続きを読む

※続きを見るにはダイヤモンド・オンラインの会員登録とログインが必要な場合があります。

このページのTOPへ


新規会員登録