ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ > ダイヤモンドオンライン

就活に役立つ記事で、時事・経済に強くなろう!

inside Enterprise

inside Enterprise

三井生命に社名変更を迫った「財閥の掟」

大手生保による激しいトップライン競争が繰り広げられる中、日本生命による三井生命の買収は当時大きな注目

 三井生命保険が来年4月に、社名を変更する。年内にも新社名を正式決定するが、90年以上にわたって守り抜いてきた「三井」の名称が、ついに外れることになる。

「え、本当ですか」。10月末、三井生命が社員に対して社名変更について説明したことを聞いたOBたちは、一様にショックを隠せない様子だった。

 三井グループは、“三大財閥”の三菱や住友に比べ、グループとしての結束力はそれほど強くないとされるものの、社員やOBたちにとって三井であることの矜持、思い入れは想像する以上に強かったようだ。

 そもそも三井生命が、業界最大手の日本生命保険の傘下に入ることが決まったのは、2015年9月のこと。翌春には三井グループの社長会である「二木会」を退会したものの、社名はそのままだった。それから2年以上も経った今になって、なぜ社名変更の決断に至ったのか。

 理由を探る中で見えてくるのは、三井グループの厳格な商号・商標管理の歴史だ。

筆者名:週刊ダイヤモンド編集部,中村正毅

[2018/11/09 09:00]

続きを読む

※続きを見るにはダイヤモンド・オンラインの会員登録とログインが必要な場合があります。

このページのTOPへ


新規会員登録