ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ >シューカツOnline > 仕事って楽しいな!実際に働き出してそう思った時とは!?

仕事って楽しいな!実際に働き出してそう思った時とは!?

2018.11.2

就職活動は、社会人になる準備の一つです。希望する会社に入れるか、思いがけない就職先に決めるのか…。
誰もが自分の希望した仕事に就ければ良いのでしょうが、「第一希望の就職先ではなかった」という人もいるでしょう。
しかし実際に働いてみたら、「あれ、この仕事楽しいかも…!?」と思える瞬間もあるようです。では実際に働き出してから、仕事が楽しいと感じるときは、具体的にどのような時なのでしょうか。社会人にアンケートを取ってみました。

自分が「評価」されたとき!初めて仕事のやりがいを感じます

アンケートの結果、「自分の仕事を評価された」「他人から感謝された」ときに、仕事が楽しいと感じる方が多いようです。

自分の提案や行動に対してお客様から評価をもらったり喜んでもらえたりした時に、楽しく感じます。(40代/男性/会社員)

最初は指導されながらだったのが、自分で考えてやり遂げた時に達成感を味わえ、それが評価され、仕事の楽しさを知った。(40代/女性/会社員)

どんなにつらい仕事でも、上司に評価してもらえて、お給料をいただいたとき。(20代/女性/自由業・フリーランス)

仕事って楽しいなと思った経験は、売ったものでお客さんが喜んでくれたときです(30代/男性/会社員)

接客業をしていましたが、お客様からの「ありがとう」はなによりも仕事の励みになりました。(20代/女性/会社員)

ゲーム開発会社だったので、発売後のユーザーの反応などを見るのが楽しかった(40代/男性/自由業・フリーランス)

学校事務で働いているが、年々子供の成長していく姿を見ていけること。(20代/女性/会社員)

就職して間もない頃は、ただ「指示に従う」ことも多いでしょう。それがだんだんと仕事を任され、自分で考えて行動するようになる。その行動に対し「よくやった」と上司などから評価されれば、喜びも感じますし仕事に対する自信もつきますよね。同じように顧客から感謝されるようなことがあれば、一社会人として認められたという実感が沸き、「仕事が楽しい」と感じられるのかもしれません。
また自分が行っている仕事の成果として、作り上げた商品や人材の成長を見られた時も「喜び」を感じられるもの。例えば自分が関わったからこそ「この商品が売られている」などという実感は、仕事の楽しさはもちろん、今後の仕事への意欲にもつながる事でしょう。

一生懸命頑張れば、自然と「仕事の楽しさ」を発見できる!

今回のアンケートでは、「評価された」「感謝された」時に、仕事の楽しさ、やりがいを感じると答えた方が多くいました。
しかし就職して間もなく、すぐに「仕事の楽しさを感じた」という回答結果はあまり見られませんでした。自分で仕事ができるようになった、自分の担当した商品が売られたなど、ある程度の時期を経てから「仕事のやりがい」を感じているようです。つまりどんな仕事でも、仕事の楽しさを感じられるようになるには多少時間が必要なのかもしれません。しかし努力して、仕事を積み重ねていけばきっと「評価」や「感謝」の言葉をもらえるはず。これから社会人になる人も、頑張って仕事と向き合い、ぜひ「仕事の楽しさ」を見つけてくださいね。

■調査地域:全国
■調査対象:【職業】会社員 会社役員 公務員 契約派遣社員 自営業(個人事業主) 自由業・フリーランス
■調査期間:2016年01月07日〜2016年01月21日
■有効回答数:100サンプル

この記事に興味のある方に役立つオススメの記事

将来有望!?今後も成長し続けるのはどの業界?

就活生なら気になる!メールアドレスってどうしたらいいの?

ESが通らない…就活経験者の社会人が学生に送るアドバイスは?


新規会員登録