ダイヤモンド就活ナビTOP > 就活コンテンツ >シューカツOnline > 社会人にホンネを聞いてみた!面接のときには笑顔は必須?

社会人にホンネを聞いてみた!面接のときには笑顔は必須?

2018.10.30

就活生にとって、企業説明会やES提出、SPIなど乗り越えなければならない壁はいくつかありますが、実際に会社の人と会わなければならない面接はその中でもハードルの高いものと言えるのではないでしょうか。就活指南本をいろいろ読んでばっちり対策しても、いざ本番になったら頭が真っ白!ということもあるかもしれません。とりあえず笑顔だけは絶やさないように!・・・と思うかもしれませんが、実際のところこの「笑顔」はどれほど印象を左右するものなのでしょうか。社会人の先輩のみなさんにアンケート調査をしてみました。

就活面接!あなたが面接官だとしたら、受験者に笑顔は必要だと思いますか?それとも笑顔はいらない?

笑顔は人間関係の潤滑油!

アンケートの結果、6割以上の人が「笑顔は必要」と考えていることがわかりました。

特に営業職や教員など、無表情だと仕事が務まらないこともあるから。(20代/女性/会社員)

営業や販売のお仕事なら笑顔は必要です。ですがそれよりもまず第一に、これから一緒に働こうと考える間柄なら笑顔は必要だと思いますよ。(30代/男性/自由業・フリーランス)

やはり元気な人を雇いたいと思うし、第一印象は大切なので、表情でも思う存分、その人の個性を見せてほしい。(20代/女性/会社員)

面接という短い時間の中では、頑張って笑った方が印象もいいと思うし、大人な対応だと思うので。ゴマすりも嫌味になるけれど、面接の場でもにこりとも笑わない人は、仕事中も生意気な態度を取りそう。(40代/女性/会社員)

笑顔は「コミュニケーションを円滑にするために必要」と考えている人が多いようです。確かに人と全く関わらない仕事というのはかなり限られていますから、社会人になれば必然的に周りと関係を持つ必要があるでしょう。「笑顔が大事」と考えている人は、実際に会社に入ったときのことを考え「この人は周囲とどのようにコミュニケーションをとるのか?」といった部分を見ているのかもしれません。

無理は禁物?!ありのままで・・・

一方、「無理して笑わなくてもよい」という人も3割以上いました。

会話の流れで自然な笑顔が見られるのは良いけど無理した笑顔は好印象にはならないと思う(30代/女性/自由業・フリーランス)

作られた表情を見るよりも普段の普通の表情を見たいと思います。(40代/男性/自営業(個人事業主))

挨拶の時ぐらいは笑顔があったほうが良いと思うが、常に笑顔である必要はないと思います。緊張しているのはわかっているので、その中で質問に対して適切かつ興味を引く回答ができるかが重要だと考えます。(20代/男性/会社員)

仕事にもよりますが、笑顔よりも質疑応答の中身のほうが大事だと思います。(30代/女性/自由業・フリーランス)

こちらを選んだ人の中には「自然な表情が見たい」、あるいは「話の内容の方が大事」という意見が多く見られました。確かに笑顔で受け答えできていても、その内容が支離滅裂では良い印象にはなりづらいでしょう。面接する側も緊張しているのは重々承知しているでしょうから、「笑顔、笑顔!」と表情ばかりに意識がいってしまって質疑応答がおろそかになることがないよう、自然体でいる意識も大事かもしれません。

笑顔で自己アピール!表情も1つの個性だから

今回の調査では面接時に笑顔があった方が良い、と考える人が過半数を超える結果になりました。職場の人間関係をスムーズにするためのツールとして必要だと考えている人が多いようです。長く付き合っていけば、例え愛想のない人でも”そういう人だ”と周りが理解してうまくやっていくこともできるかもしれませんが、就活の面接という場ではごくごく短い時間で意欲や適性が見られます。その短い時間をいかに使うか、と考えた時には”笑顔”も重要な要素の1つになるのかもしれませんね。

■調査地域:全国
■調査対象: 【職業】会社員 会社役員 公務員 契約派遣社員 自営業(個人事業主) 自由業・フリーランス
■調査期間:2016年01月07日〜2016年01月21日
■有効回答数:100サンプル

この記事に興味のある方に役立つオススメの記事

就職の採用面接で答えに困った質問は何ですか?

面接のドタキャン!あなたは許せる?許せない?

就職生必見?面接を突破するためのコツとは


新規会員登録