閉じる

公開日:2019年03月01日   更新日:2019年03月01日

学校法人/

ロゴ

メイジダイガク

学校法人明治大学

正社員
ブックマーク

世界のトップユニバーシティへ

建学の精神を胸に、世界のトップユニバーシティへ。

 明治大学は、わが国の近代化に寄与した3人の創立者のDNAを引継ぎ、強い「個」を目指す教育を揺るぎない伝統として継承し続けてきました。
 「世界のMEIJI」という新たなステージで、世界規模で活躍できる人材の育成を目指すため、大学改革を推進していきます。

〜 建学の精神 〜
権利自由・独立自治

〜 理念 〜
「個を強くする大学」

会社プロフィール
事業内容 教育・研究

 明治大学には、10学部および大学院12研究科と、高度専門職業人の養成を図る専門職大学院(法務研究科、ガバナンス研究科、グローバル・ビジネス研究科、会計専門職研究科)があり、さらには付属高等学校・中学校をも擁するわが国屈指の総合大学として、その地位を確固たるものにしています。

 『権利自由』『独立自治』を建学の基本理念として、教育研究力の質的飛躍を促進することにより、日本国内のみならず世界で貢献できる人材を育成し、新たな価値を世界に向けて発信していくことにより、社会へ貢献していきます。

 明治大学は、21世紀を担う都心型大学として、世界に向けてさらなる飛躍を目指します。
創立 1881年
資本金※学校法人のためなし 0万円
社員数 575名 (2018年10月1日時点)
代表者 柳谷 孝
本社所在地1 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
共に「世界へ」! 共に「前へ」! CLOSE UP!

 明治大学は、我国有数の私立総合大学として「権利自由・独立自治」の建学の理念を体現しながら、教育・研究を通じて存在意義を高め、社会に向けて成果を発信し続け、世界と時代を変容させていくことを使命にしています。
 2021年度には創立140周年を迎え、さらには創立150周年に向けて、本学は社会変化を捉え、スピード感をもって教育研究環境のグローバル化・高度化等の大学改革をより強力に推し進めています。
 そうした環境下、本学は大学全体の課題は何かを考え、今後も増大する多様な諸問題を解決するための政策を立案し、実行していく「プロフェッショナル人材」となり得る、前向きで高い意識を持った人材を求めています。

明治大学の取り組み

■世界で活躍する強く輝く「個」を育てる教育研究の実現に力を!

 私たち明治大学職員は「世界へー『個』を強め、世界をつなぎ、未来へー」をビジョンに、世界で活躍する強く輝く「個」を育てる教育研究の実現に向けて「オール明治」の力でさまざまな改革を推進しています。

 「総合的教育改革」は教育力の飛躍への一歩
「多様化する世界の中で活躍できる人材をいかに育成するか?」この問いかけに明治大学は総合的教育改革で応えます。本学は、学生が主体的に学べる教育環境を構築するための一歩として、2017年度より1コマ100分を基本とする新たな授業時間割や、学生が海外留学に挑戦しやすい環境を整えるために、春学期と秋学期の「2学期4ターム制」を全学一斉に導入しました。
私たち職員は、常に「学生のために何ができるか?」という意識を共有し、本学の教育力向上と学生の「学び」をサポートしています。

 文理の壁を越えた「新しい知の創造」への一歩
本学は、世界水準の研究を推進し、文部科学省選定私立大学研究ブランディング事業「数理科学する明治大学」など明治発の研究ブランドを発信しています。私たち職員は「世の中に役立つ研究を明治から」という想いで、研究力を高めるための環境を充実させ、研究の成果を社会へ還元します。

 「世界が日常!」国際色溢れるキャンパスへの一歩
本学は、混住寮「グローバルヴィレッジ(MGV)」の開設や海外トップユニバーシティへ留学する学生に対して最大300万円を上限とした助成を行う「明治大学学生海外トップユニバーシティ留学奨励助成金」制度など、世界で活躍する人材を育成するための施策を推進しています。私たち職員は「世界で強く輝く『個』を送り出す」ために、国際通用性のある、国際色豊かなキャンパスの創出を目指します。

 こうしたさまざまな改革を、教員や様々なステークホルダーの方と協働しながら、主体的・積極的に推進・支援していくのが、学校法人明治大学の職員です。成長を支援する人材育成制度ももちろん充実しています。
 従来の大学教育の枠を飛び越えて挑戦したい、そんな方をお待ちしています。

学生の方へ

■明治大学の今を、そして未来を支える仕事です。

 近年、大学をめぐる環境の変化は著しく、大学職員には社会のニーズを捉え、スピード感をもって教育研究のグローバル化・高度化を推し進めていくことが求められます。そのため、「学生や教員、社会のために何をすべきか?」を周囲の教職員はもちろんのこと、校友や学生の御父母の方々、地域社会など、様々なステークホルダーと連携を図りながら、明治大学の価値向上につながる提案や施策を実行することが非常に大切です。
 主体性を持って行動し、明治大学をさらに「前へ」進めていくという強い思いのある方のご応募、お待ちしております!

この企業を見ている人はこんな企業も見ています。