閉じる

公開日:2019年03月01日   更新日:2019年03月01日

総合商社/

ロゴ

東証一部上場

ソウジツカブシキガイシャ

双日株式会社

正社員
ブックマーク
独身寮・社宅あり 大学院・MBA留学制度あり フレックス制導入
海外勤務のチャンスあり 外国語が活かせる会社
企業関連リンク 双日ホームページ

Challenge for Growth

中期経営計画2017(2016年3月期〜2018年3月期)では、「Challenge forGrowth」の副題の下、成長軌道へと軸足を移し、より大きな価値創出を目指します。「安定的な収益基盤の拡大」と「双日らしさの確立」をキーワードに、確実に成長戦略を推し進めることで、着実に収益を伸ばしていきます。

挑め。何度でも。

日本の7大商社と呼ばれる総合商社の一翼を担う私たち。だが、双日としての発足は2004年、7社の中で最も若い。そう、つまり、私たちの歴史はこれからだ。トップの座を守り続ける人生も決して悪くないだろう。しかし私たちは、挑戦に満ち溢れたこの状況に、胸が高鳴っている。一方、双日の源流へとさかのぼり、150年に及ぶその歴史を紐解けば、カベにぶつかった経験は数知れない。出口が見えない挫折や困難も、幾度となくあった。だけど私たちは、不撓不屈の精神で、絶対にやり遂げてきた。自分より強い相手や難題にこそ挑み、そして超えていく。これ以上のやりがいが他にあるだろうか。

双日の挑戦はすべて、新しい世界へとつながっている。

総合商社は、世界各地の課題を解決するために事業を創出する。エネルギー資源の調達やインフラの整備、物流網の構築、生活水準の向上−。まさに社会課題の解決と事業が直結していると言えるだろう。「双日が得る価値」と「社会に還元する価値」、2つの価値の重なりを最大化していくことが双日の使命だ。私たちには、描きたい未来が、山ほどある。ともに描きたい人が、たくさんいる。ここにあるのは、自由と充実、そして誇りと責任だ。追う立場である現状を楽しみながら成長し、自らが成長することで、日本を、世界を進化させていく。双日の挑戦はすべて、新しい世界へとつながっている。自らの可能性を信じ、素晴らしい未来を信じること。時代を追わず、自ら変化を創造すること。それが、私たち双日の決して変わらない姿勢。あなたの挑戦を、お待ちしています。

会社プロフィール
事業内容 総合商社として、自動車やプラント、エネルギー、金属資源、化学品、食料、農林資源、消費財、工業団地などの各分野において、物品の販売及び貿易業をはじめとして、国内および海外における各種製品の製造・販売やサービスの提供、各種プロジェクトの企画、調整、投資、ならびに金融活動などグローバルに多角的な事業を行っています。
設立 2003年4月
資本金 1603億3900万円
売上高 3兆7455億4900万円(2017年3月期)
社員数(単体) 2441名 (2018年12月現在)
平均年齢 42.2歳(2017年3月現在)
代表者 代表取締役社長 藤本 昌義
本社所在地1 〒100-8691 東京都千代田区内幸町2−1−1
TEL 03-6871-3820
事業所 国内/東京本社、大阪営業所のほか国内4カ所
海外/海外82拠点
(2017年3月現在)
関連会社 国内:121社
海外:312社(2018年12月31日現在)
企業関連リンク 双日ホームページ

この企業を見ている人はこんな企業も見ています。